スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/7/17 CD-ROMのイメージ作成ツール

CD Manipulator跡地
http://www.storeroom.info/cdm/

メモ。
スポンサーサイト

10/7/13 復職×熊本ラーメン×エヴァ破

きょう会社に行って上司と直接面談をした。5月以降抱えていた、目の症状の問題がかなり良くなったので、予定どおりいけば再来週から復職することになった。また疲れきるほど忙しくなるのだろうけど、仕事だしね。まああと2週間は休暇なので、めいっぱい楽しむと共に悔いの無いように過ごそう。なんか、大学卒業前の2週間みたいな気分だなぁ。

と、そんな感じでお昼は動いていたのだけど、なんと1件ここ数年ずっと頭の片隅にひっかかっていた出来事が解決した!
学生時代に誰かの車(土屋関?)で相模原近辺のラーメン屋に入ることになった。外見がかなりうさんくさいというか、いかがわしいというか、不気味なラーメン屋。入っているみるとどうも熊本ラーメンとのこと。多分やさぐれでそこで食べることになったんだな。そして注文したラーメンが出てくると、なんとびっくりラーメンの上にスライスチーズが乗っていた!これが熊本ラーメンなのかと驚愕の体験をしたのである。

それ以来、熊本ラーメン=(スライス)チーズが乗っているものとして、色々な人にきいてみるものの、そんなののっかってねーよと言われるばかりである。まああの店独自なのかも・・・と思ってはいたのだけど、気になるのは あの店どこにあったんだっけ? ということ。そう、それが見つかりました!

肥後っ子 大石家 ひごっこ おおいしや - 矢部/ラーメン、拉麺、支那そば [食べログ]
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1407/A140701/14001866/



ちゃーんとのってます。チーズが。うん。熊本ラーメン=チーズがのってる確定。
ちなみにこのお店、コアなファンに守られてるらしく、Googleで検索すると色々面白い。釣りは勝手にもってってくれとか(笑)

そういえば、エヴァンゲリオン破のDVDを借りてきてみた。前作みたけどさっぱり内容覚えてなかったものの、あまり関係ないので普通に見れます。観た感想、モトがやっぱ約15年前のアニメだけあって、なんとなく全体に古くささを感じたなぁ。

10/7/9 滋賀のともだちを訪ねる(5)

前回、カラオケに行って、コンビニで酒を買って、酔っぱらってホタルを探しに行って、朝を迎えたわけですが。

前日の超級唐揚げの破壊力はすさまじく、まあその後カラオケのドリンクバーやら、夜のワインとおつまみも入ったりしたのですが、さすがに一晩明けるとそれなりにお腹もいい感じなので、もともと是非連れていきたいと言われていた焼肉にいけることになりました。

毛利志満 レストラン - 近江牛の老舗
http://www.oumi-usi.co.jp/restaurant/index.html



旅行から帰ってきて知ったのですが、滋賀で毛利志満と言うと結構いいお店とのこと。これもまた旅行のいい思い出になりました。

CIMG0427.jpg

CIMG0442.jpg

CIMG0451.jpg

お肉がとろけるとはこのことです。超絶美味しかった。絶品!最高!本当うまかったです。
法事のあとに来ているお客さんもいたけれど、カジュアルカップルもいたり、僕らみたいなお客さんもいたりと。結構値がはるお店なのは確かですが、堅苦しい雰囲気があまりないのがいいですなー。また是非いきたい。
もし滋賀に旅行をする人がいたら、ぜひおすすめですよ。旅行のいい思い出になります。

本当に素でおいしいご飯を頂いたあとは、琵琶湖に連れてってもらいました。

CIMG04701.jpg

CIMG0472.jpg

琵琶湖は滋賀県の1/6の面積らしいけど、本当にでかかった。この日は風も強くて、写真でもわかると思うけど、周りの景色が本当南国のようです。水の色とか砂とかは違うにしても、この広々とした景観はサイパンを思い出した。湖畔でウィンドサーフィンしているメンズや、BBQをしてるメンズもいましたぞ。風が強い文、ウィンドサーフィンなんかけっこうなスピードがでてて驚いたよ。


そして、彦根城へ。

CIMG0479.jpg

CIMG0480.jpg

CIMG0482.jpg

CIMG0483.jpg

CIMG0484.jpg

CIMG0488.jpg

CIMG0489.jpg

CIMG0490.jpg

CIMG0491.jpg

CIMG0499.jpg

彦根城のマスコット、ひこにゃんはおりませんでした。中の人がおやすみだそうです。ごめんうそてきとう。
彦根城は安政の大獄と桜田門外の変ででてくる井伊直弼が育った城なんだそう。社会の教科書だけだと井伊直弼ってトンデモな感じの人だけど、wikipediaをまじまじ見ていくと、そうでもなさそうな感じを受けた。

いやー、しかし石川の金沢城もそうなんだけど、この彦根城も途中の階段がめっちゃけわしいんですわ。なんじゃこりゃっていうぐらい。手すりはついてるものの、高さもあって急なので子供と老人は連れていけませんよ。人も多いんだけど、滑ったら大事故ですわ。プラス女子はどんなにスカートおさえてもパンチラ予防むり。ジーンズでいきましょう。

お城を出てからは、少しアーケードを歩いて休憩です。

CIMG0513.jpg

CIMG05121.jpg

かなりきれいなアーケードで、色調も整えられてます。みんなゆったり広場で休んでました。僕らもソフトクリームで休憩です。
この後は米原の駅に友達に送ってもらい、滋賀旅行は終わりを迎えたのでした。

今回、何年も行こう行こうと思ってたのですが、なかなかその気にならずにいたので思い切って土日で行ってきました。友達がいるとね、宿代がそのまま旅行のレジャーに充てられるので本当助かります。これまでも福岡、石川、名古屋など友人を訪ねて行ってきましたが、いい思い出です。
行こうと思えばいつでも行けると思うと、いつまで経っても足があがらないので、一念発起して計画するのは大事ですね。

10/7/7 滋賀のともだちを訪ねる(4)

前回マッサージを気持ちよくうけまして。

当初の予定だとここでお腹がちょうどよくへっていて、友人おすすめの焼肉に行く予定だったのです。んが、実際にはお昼の唐揚げの破壊力のおかげでまったくお腹が微塵もへっていないという有様だったのでした。んじゃ何するかというところなんですが、最後はおうちでお酒を飲むことは決まってたので、その前にカラオケをはさみました。

カラオケ全国チェーン カラオケ本舗 まねきねこ(近江八幡店)
http://www.karaokemanekineko.jp/

CIMG0420.jpg

やっぱ関東よりちょっと安いですな。部屋代もそうだけど、土日の夜でもフリードリンクとかねー。部屋も広いしー。


さて、カラオケも終わりまして、きょう宿泊する友人の一人暮らしの家へ。途中のセブンでおつまみとお酒を買って準備万端です。

友人の住む家の玄関近くにかえるがおりましたよ。

CIMG0422.jpg

CIMG0423.jpg

あとは、その辺の草むらからカエルの鳴き声がでっかく聞こえます。自然が残ってるってことですな。
一週間ほどまえはホタルも出てたらしいのだけど、残念ながらこの日は前日の雨上がりだったり、時期もギリギリだったことから見ることはできませんでした。

友人の家にあったワインをひたすら僕は飲んでました。ちゃんぽんすると偉い目にあうけど、ワインだけ飲むと次の日そんなにこないんでねー。まあ最後のほうは泥酔状態でしたが。

途中、よっぱらい2名は再度ホタルを探して暗闇の外へ飛び出し、近くに住んでいる(といっても歩いていくのは結構遠い)、友人の彼女の家の近くまで探しに行ったのですが会えませんでした。ホタル残念。


そしておやすみなさい。

1007100.jpg


おはようございます。なんとなく二日酔いにはなっておらず、自然と目が覚めたらもう10時30分近いではないですか。新しい一日のはじまりです。

10/7/6 滋賀のともだちを訪ねる(3)

前回、陶芸体験をしました。続きは温泉から。

温泉ゆうても、ようはスーパー銭湯みたいなところでもいいからお風呂に入れればそれだけでもうれしいもんです。大学生のときからどっか出かけると温泉入る人達と一緒に行動してたので、自然と身についた習慣です。
というわけで、こちらに行ってきました。あれ?こういうことだっけ?すいません、行くことになったきっかけを完璧に忘れました。゚(∀)。まあいったんだからいいや。

十二坊温泉ゆらら 滋賀県|湖南市
http://www.minami-group.jp/yurara/index.html



CIMG04161.jpg

館内はどうしてもお写真がとれないので、ホームページから見てください。健康施設なのでスーパー銭湯みたいにきれいなところですよ。普通にいい感じのところです。ちょっと雨が降ってたんですが、露天の湯の温度が僕的にはちょうどよいぬるさだったので、長居しました。友人にはちと熱かったようです。風呂はいのちの洗濯というように落ち着きますな。そうですな。
湯あがりは牛乳で行きたかったのですが、いざ牛乳を買おうとするとなんかムショウにポカリが飲みたくなったので、ポカリでしめました。

さてさて、風呂にも入って陶芸やら蒸し暑い天候でかいた汗もさっぱりしました。次はマッサージに連れてってもらいました。

マイカル近江八幡店 - ラフィネ
http://www.bodywork.co.jp/search/detail/600187/



待ち合い。
CIMG0419.jpg

大変申し訳ありませんが、なんやかんやで朝から飲んで食べて温泉にはいった僕は、ほとんどいい気持ちで寝る手前でしたので、友人に全部お店の人と対話をしてもらいました。あのときの僕は二重の極みならぬ無愛想の極みです。(二重の極みとはるろうに剣心という漫画のネタ)。面倒くせえな調で施術前シートに答えたりと嫌なお客でした。まさかその担当をした方がそのまま施術担当になるとはしらず。

40分で4200円のバディケアをやってもらうことになりました。バディケアね。バディケア。
施術ベッドにうつぶせに寝て、全身マッサージです。子供の頃は床屋の肩たたきと頭のとんとんマッサージでさえ大嫌いだったのに、いまでは気持ちよい歳になってしまいました。
ちなみに施術前とはうってかわって、担当の人にハキハキ質問で答え、協力的な態度にいきなりキャラを変えました。あはは。゚(∀)。
んが、肩だけはなんでか刺さるように痛かったのでやめてもらいました。別に下手とかじゃないんですが、なんでか痛かったので。多分あまりに凝り過ぎてたのかな。施術中は気持ちよくて途中から寝てました。
終わったあとにコメントをもらったのですが、どうも全身かなり固いとのこと。
ちょっとずれますが、こないだもあかすりマッサージ行ったあとにやたらと体が軽くなったり、その前も温泉行ったらやたらと体が軽くなったりということがあったんだよなー。マッサージの常連通いはじめるか!?

施術後はなんとかティーを出してくれます。なんとかティーのなんとかの部分は施術前に選ぶのです。僕はリラックスティーにしました。

CIMG0417.jpg

CIMG0418.jpg

マッサージ後のお茶っておいしいですね。なんか心と身体にしみわたるというか。良いこと言った俺。
友人も同じことを言ってました。いやごめん、うそ、言ってない。゚(∀)。

旅行から帰ってきてこのブログ書いてるときに、あれ?と思ったのですが、どうもうちの近くの相模大野にもお店があるようです。気が向いたら行ってみようかな。

というわけで、少し睡眠もとったことからかなり心身健康+元気になりました!つづきは次回。
Ate breve! Obrigado!(ポルトガル語で「また会いましょう。ありがとう」って意味なんだって)

なんか引用したくなったので、1090をば。

10/7/5 滋賀のともだちを訪ねる(2)

前回、中華料理屋ででっかい唐揚げを食べました。その後のお話。

今回は陶芸のお話なのですが、当方陶芸は初めてです。多分中学の授業でやったかどうか?ってところです。そのときも確か電動ロクロではなかったと思う。そんなわけであらかじめよさげな先生がいらっしゃる陶芸教室を調べてくれていた友人に感謝しつつここにきました。

信楽の陶芸教室とお食事・民宿、合宿なら澤善
http://www.sawazen.com/


CIMG0391.jpg

CIMG0392.jpg

CIMG0393.jpg

CIMG0394.jpg

CIMG0412.jpg

電動ろくろ使用料1時間1000円を払って、さっそく開始です。

流れは、まずは奥に写ってる先生が手順の説明とお手本を作ってくれます。
その後は、毎回毎回真ん中をへこませた茶碗の原型をつくってくれて、そこからは自分で作品を考えて成形していきます。んで、いいなと思ったら、作品の下のあたりを切って保管と。

CIMG0400.jpg

CIMG0401.jpg

基本的には、ろくろは最初にスピード決めたらあとは勝手にまわってくれるんで、手に集中して作業します。
右手を中にいれ、左手は外側で膝につけつつ粘土にそえる感じ。水をつけてのばしていきます。
よくテレビでやってるようにいきなりぐちゃっとなってって展開にはならんかったなー。あれはあまりに薄い部分ができるとなっちゃうのか、力加減が強いのか。

ただ、やっぱ難しいですよ。きちんとのびてるように見えても、ほかと比べると歪んでたりとかね。結局1時間で4つ作り、焼きに進むものを僕も友人も1つ選びました。ちなみに1個焼いて1~2カ月後に発送で、大体2000円~3000円かかります。

これが友人のさくひん。
CIMG0404.jpg

友人は最初から平たい皿を目指してました。練習上の都合もあるのですが、過程としてまずは茶碗をつくり、それをうまく平らにしてくと皿の完成です。んで、皿を目指してたのですが、最終的にはサラダ小鉢になりました。青い付箋は青い色で焼き上げて色付けしてくれというこってす。
皿は多分よほど慎重にのばして薄く横にしていかないと、へにゃっと重力でフチが落ちると思う。いずれにしても友人の作品は候補も踏まえてキレイ目に仕上がってました。

んで、私のをば。
CIMG0407.jpg

私、当初から写真の左奥にある上側があがったやつを目標にしてたのですが、あれ難しいんですわ。なんかねー。力の加減ってのはわかるんだけど、全体的なバランスとかみつつ、かつ上に伸ばしてゆくのやってるとルビンの壺みたいになっちゃうのよ。ルビンの壺って、小学校の国語の教科書に書いてある、人と人が向かい合ったように見える白黒の壺ね。
結局4つ目に作った奴が意外とうまくいったのだけど、最後に見渡してみて、これが味あるなーっての選びました。

これはね。大量にわさび醤油を活用する事態 が起きた際に本領を発揮する作品です。洗いものを増やしたくないから、しょうゆ皿を配布したくない、だけども客人が多いから大量にわさび醤油が必要であるという、設定のもとに真価を発揮するね。わさび醤油が必要じゃないときは、ここに焼酎をいれて、注ぎ口なんかなかったかのように振る舞うのが大人だね。注ぎ口はそんな話そこまで微塵もでなかったのに、焼き前候補選択のドタン場になって先生に半分作ってもらいました。

なんかねー。焼くと20%ぐらい縮むんだって。あと、あんまり薄いと割れるとか。その辺も考えつつやると難しいですなー。ほとんど考えなかったけど。゚(∀)。

教室ではエプロン貸してくれるんだけど、それって上半身と膝ぐらいまでなのね。だけど、電動ろくろまわしながら水をつけて粘土をこねる関係上、ひざ下にも粘土飛んできます。だから女の人におすすめしたいのは、ひざ下汚れてもいい恰好ですな。

陶芸教室やる前と終わった後で、敷地においてある作品みると見方が違うね。よくこんなもんつくれるなとか感動するわ。教室系の観光とか体験ってそういう新しい目線を手に入れることができるところが素晴らしいよ。

2010/7/3 13:20~15:00 人生初陶芸。次回は温泉から。
FC2カウンター
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。